医師や専門家が深く詳しく解説します
頭痛改善
医師や専門家が深く詳しく解説します
頭痛改善

薬物乱用頭痛 : 頭痛の原因 が「頭痛薬」って、どういうこと?

公開日
更新日

頭が痛いとすぐに薬を飲むことを、習慣にしていませんか? 普段から頻繁に頭が痛くなるいわゆる「頭痛持ち」の人に多いのですが、実は頭痛薬の飲み過ぎが、かえって頭痛の原因になっていることがあるのです。これを 薬物乱用頭痛 といい、市販の鎮痛薬だけでなく、医師から処方された薬でも起こります。
 
 

刺激に敏感になる薬物乱用頭痛

 
頭痛薬を飲み続けることによって、逆に頭痛が引き起こされてしまう状態を「薬物乱用頭痛」といいます。ひどい頭痛を経験していると「またあの頭痛が起きる!」という不安から、鎮痛薬を予防的に服用するようになったり、痛み始めるとすぐに薬を飲むことが習慣になったり、飲む回数も量も増えがちです。
 
このように頭痛薬を飲み続けていると、脳の痛みを感じる中枢神経が敏感になり、些細な痛みにも敏感に反応して頭痛が起きてしまうのです。痛みに敏感になると、その痛みを緩和しようとさらに頭痛薬を飲み、痛みにいっそう敏感になる……という悪循環に陥ります。
 
そのような状態になっても頭痛薬を飲み続けていると、薬の過剰摂取になり、またコストもかかってきます。そしてついには、頭痛薬がまったく効かない状態になってしまうこともあるのです。
 

スポンサーリンク



薬物乱用頭痛 への対処法

頭痛が起こる日が毎月15日以上あり、頭痛薬を月に10日以上飲んでいる人や、以前効いていた頭痛薬が効かなくなった人、朝起きた時から頭痛がする、1種類の頭痛薬を3か月以上定期的に服用している、などという人は薬物乱用頭痛の可能性があります。
 
では、どうしたら薬物乱用頭痛を防げるでしょうか? まずは思い切って、原因となっている鎮痛薬の服用を、2か月間ほど中止します。反動で頭痛や嘔気・嘔吐が起こることがあるので、症状が激しい場合は、原因になっている薬以外の治療薬で対処します。独力で実行は難しいので、頭痛外来などの医療機関に相談するといいでしょう。
 
薬を断った最初の1~2週間はつらいのですが、毎日のように起こっていた頭痛が次第に減ります。薬物乱用による頭痛が解消したら、そこからもともと持っていた頭痛に応じた治療を行います。
 
 

薬物乱用頭痛 を未然に防止

 
頭痛薬の使用は、月に10日以内として、服薬回数を守りましょう。市販の鎮痛剤を予防的に服用するのは止めましょう。主成分に複数鎮痛剤が配合されているものや、カフェインが含まれているものには注意しましょう。ほかに薬を飲んでいる場合は、(頭痛とは無関係と思えるものでも)医師にしっかり伝えましょう。
 
頭痛持ちの人は、頭痛が起きた日時、痛みの程度、服薬名、メモ欄にはその時の自分の状態などを書きこんでおく「頭痛日記」をつけておくと、症状改善の役に立ちますよ。
 
 

頭痛に関連する記事のご紹介

頭痛の原因に関連する記事としては、以下のようなものがありますので、参考にして頂ければ幸いです。
 
よく寝たはずなのに、頭が痛い。寝過ぎと頭痛について説明した 「寝過ぎと頭痛:寝過ぎは二重の頭痛を引き起こすって本当!?」
 
わかっちゃいるけど、飲み過ぎて、二日酔い。二日酔いと頭痛について説明した 「二日酔いと頭痛:飲み過ぎた朝の強烈な頭痛はなぜ起こる?」
 
生理でお腹が痛いのに、更に頭痛なんて!生理と頭痛について説明した「生理と頭痛:お腹が痛むのはともかく、なぜ頭痛も起こる?」
 
目の奥がめっちゃ痛い!群発頭痛かも。群発頭痛について説明した「群発頭痛:目の奥をえぐられるような激痛!群発頭痛の原因と対策は?」
 
倦怠感や頭痛、実は風邪じゃなくて花粉症かも!?花粉症と頭痛について説明した「花粉症と頭痛:花粉症で頭痛も起こるって本当?どう対処すればいい?」
 
男性より女性に多い偏頭痛。偏頭痛の原因について説明した 「偏頭痛の原因:頭が脈打つようなあの痛みは何が原因?」
 
生理周期による頭痛について説明した 「生理周期による頭痛についてどう対処すればいいの?」
 
梅雨の時期に偏頭痛が起きやすい。それって気圧のせい!?低気圧と偏頭痛について説明した 「低気圧と偏頭痛のメカニズムとは?台風で偏頭痛が起こるのは何故?」
 
くも膜下出血の初期症状には、形容しがたい強い頭痛があると言われています。くも膜下出血の症状や治療法について説明した 「大人女子は注意したい!くも膜下出血の症状や治療法」
 
冷たいものを食べたら、「こめかみキーン」ということがありますよね。アイスクリーム頭痛について説明した「アイスクリーム頭痛の原因とは?食べ方で予防できるの?」
 
痛み止めの薬が効かない!?第三の頭痛の大後頭神経痛かも。第三の頭痛について説明した「第三の頭痛とは?痛み止めが効かない大後頭神経痛とは」
 
頭痛がする。長時間のスマホやパソコンで目が疲れていませんか?眼精疲労と頭痛について説明した「眼精疲労と頭痛:目の疲れからくる頭痛、対処法は?」
 
 

関連している記事のご紹介

 
頭痛や、薬物が関連している健康への影響に関する記事として以下のようなものがありますので、ご参考にしてください。
 
蓄膿症が原因で生じる頭痛について説明した 蓄膿症で頭痛 が起こる!? 鼻づまりがあって頭も痛い
 
副鼻腔炎が原因で生じる頭痛について説明した 副鼻腔炎の頭痛 : 副鼻腔炎による頭痛の原因、症状、対策を解説
 
薬剤による副作用について説明した インフルエンザワクチンの副作用 って?副作用はあるの? 抗生物質の副作用 とは? 抗生物質を使う際に注意する5つのポイント
 
 
なお親知らずが頭痛を引き起こす事があります。親知らずについては、以下のような記事がありますので、こちらもご参考にしてください。
 
親知らずを抜歯する際にいくらぐらい治療費が必要か詳しく説明している
「親知らずの抜歯費用 はどれくらい必要? 親知らずの状態によって抜歯費用が異なるの?」
 
親知らずを抜歯する際の手順や抜歯後の「ドライソケット」に詳しく説明している
「親知らず抜歯の痛み はどれくらい? 肝心なのは抜歯の後!!!」
 
親知らずが虫歯になった時の治療法について詳しく説明している「親知らずが虫歯になったら、まずは歯医者さんへ!放っておくと、他の病気が発症することも!」
 
その他の親知らずが痛む原因について詳しく説明している
「親知らずが痛い 。。。そういえば、親知らずってなんで痛むんだろう?」
 
また親知らずによる腫れについて説明した
「親知らずの腫れ はなぜ起こる?実は「智歯周囲炎」かもしれません」 もご参考にしてください。
 
 

執筆:南部 洋子(看護師)

※なお記事中の語句に張られたリンクをクリックすると、当該語句について詳しく説明した当サイト内もしくは外部サイトの記事へ移動しますので、ご活用いただければ幸いです。