医師や専門家が深く詳しく解説します
頭痛改善
医師や専門家が深く詳しく解説します
頭痛改善

右と左で原因が違う… こめかみからくる頭痛 の予防法

公開日
更新日

こめかみが脈打つように痛む頭痛は「偏頭痛」と言われ、女性に多い傾向があります。成人女性の1割がこの頭痛に悩まされており、遺伝的なものが関連していると言われています。 こめかみからくる頭痛 にはどのような症状があるのでしょうか?
 
 

こめかみからくる頭痛 の原因と症状

 
偏頭痛は精神的ストレス、寝不足、食べ物が原因です。体調の変化によって血管が拡張され、頭が痛くなります。こめかみの脈打つような痛みが、数時間~3日位続き、月に1~2回、多い時には週に1~2回の頻度で起こります。
 
目の周りや頭全体が痛くなり、嘔気嘔吐や音や光に敏感になることが特徴です。痛みが出る前に欠伸が出る、キラキラしたものが見える、といった症状もでます。飲酒など、緊張がほぐれたときに症状が出やすいのも、偏頭痛の特徴です。
 
 

こめかみからくる頭痛 の刺激物

 
偏頭痛は、テレビやパソコンのディスプレイの光で、引き起こされることがあります。長時間の視聴は避けましょう。また、偏頭痛を引き起こす食べ物があります。人によって違いますが、チョコレート、チーズ、アイスクリーム、卵、レバーなど「こく」のあるものや、トロピカルフルーツ、玉ねぎなど「あく」のあるものです。
 
飲み物では、アルコールやカフェイン飲料があります。自分は何によって起こるのかを知り、それらを避けることが大切です。
 
 

痛みを和らげるにはどうすればいい?

 
偏頭痛が起きたら、痛む部位に氷枕やアイスパックなどを当てて、頭痛が治るまで冷やしましょう。部屋は薄暗くし、静かな部屋で安静に過ごします。頭痛の予兆・前兆を感じたら、早めに薬を飲むこともいいでしょう。生活改善として、寝不足、アルコールの摂取、ストレスなど、頭痛の原因になりそうなものや行動には注意し、規則正しい生活を心がけます。
 
 

左右の こめかみからくる頭痛 、どう違う?

 
こめかみの痛みは、脳梗塞や脳出血の症状のひとつでもあります。左のこめかみが痛いという場合は、脳の病気を疑って、早めに医療機関を受診しましょう。脳梗塞や脳出血の症状は、手足のしびれ、言語障害、ものが二重になって見える複視などがあります。
 
また、群発頭痛などの可能性もあります。右のこめかみが痛い場合は、緊張型頭痛の場合が多いです。とはいえ「またいつもの偏頭痛だ…!」などと決めつけないことも重要です。痛みが続く場合は頭痛外来を受診して相談してみましょう。
 
なお前述した脳梗塞について詳しくは以下の記事をご覧ください。
 
脳梗塞の症状 : 早期発見・早期治療のため脳梗塞の症状を知っておこう!
 
脳梗塞の前兆 は? 重篤な事態を予防する為に脳梗塞のサインを知る!
 
 

頭痛に関連する記事のご紹介

頭痛の症状に関連する記事としては、以下のようなものがありますので、参考にして頂ければ幸いです。
 
緊張型頭痛について説明した 「締め付けられるような痛みを感じる緊張型頭痛とは」
 
後頭部の頭痛について説明した 「後頭部の頭痛:ズキズキ痛む頭痛の原因と対策法とは?」
 
頭痛による吐き気について説明した 「頭痛による吐き気…症状別に考えられる原因と対策法とは」
 
目の奥が痛い頭痛について説明した 「目の奥が痛い頭痛はアルコールや煙草が原因?群発頭痛とは?」
 
肩こりからくる頭痛について説明した 「肩こりからくる頭痛はカラダからのSOS!?肩こりと頭痛の関係は?」
 
偏頭痛の症状について説明した 「偏頭痛の症状と似ている病気とは?どんな事に注意すればいい?」
 
頭痛をともなう病気について説明した 「頭痛をともなう病気とは?突如襲いかかる様々な疾患について解説」
 
なんとなくだるくて、頭痛がすることはありませんか?そんな不調について説明した 「プチ不調の改善法とは?女性が訴えるプチ不調をどうする?」
 
頭痛の種類について説明した 「頭痛の種類についてご存知ですか? 重大な疾患が隠れていたら大変!」
 
頭痛のタイプについて説明した 「頭痛のタイプとは?アナタの頭痛は、どのタイプか確認して適切な対応を!」
 
 
執筆:南部 洋子(看護師)
監修:川口 佑(医師、新宿ストレスクリニック院長)

※なお記事中の語句に張られたリンクをクリックすると、当該語句について詳しく説明した当サイト内もしくは外部サイトの記事へ移動しますので、ご活用いただければ幸いです。