医師や専門家が深く詳しく解説します
頭痛改善
医師や専門家が深く詳しく解説します
頭痛改善

油断できない! 二次性頭痛 に潜む病気とは?

公開日
更新日

 
監修:樋口 二三男(医学博士、整形外科医、とらうべ顧問産業医)
 
 
頭痛の中には、脳梗塞などの重大な病気の症状として発生する「 二次性頭痛 」があることをご存じですか?
 
2015年、作家で元東京都知事の石原慎太郎氏が、島根県で講演中に急な頭痛を訴え救急搬送されたことが報道されました。軽い脳梗塞を過去に発症したことがある石原氏。脳梗塞は、再発が起こりやすいといわれていて、発症経験のある人は頭痛に敏感になります。
 
石原さんのように脳梗塞を発症したことがある人や、頭痛に悩まされているという人は、いざという時のために、自宅や勤務先の近くに受診できる医療機関を確認しておきましょう。「頭痛外来」という頭痛に特化した診療をするところもあります。今回は 二次性頭痛 と頭痛外来について見ていきたいと思います。
 

二次性頭痛 かどうか、頭痛外来で判断

頭痛外来でまず行われるのが、生命の危機があるかどうかの判断です。病気の症状として発生する頭痛にはとくに注意が必要で、この頭痛を 二次性頭痛 といいます。 二次性頭痛 を生じる代表的な病気には次のようなものがあります。
 
・脳出血…次第に頭痛が強くなり、言語障害、視野障害、意識障害、手足のしびれをともなうことがある。
くも膜下出血…痛みがないこともあるが、嘔吐やバットで殴られたような激しい痛みを伴う場合がある。
・脳腫瘍…頭痛は朝方に発生、起床後におさまる。
 
そのほか、頭部の外傷によりできた血腫が脳を圧迫する慢性硬膜下血腫や、髄膜内で細菌やウイルスが炎症を引き起こす髄膜炎があります。
 

二次性頭痛 :再発しやすい脳梗塞には注意が必要

脳梗塞は再発率が高く、とくに発症後半年~1年で再発するケースが多いといわれます。脳梗塞には、アテローム血栓性脳梗塞、心原性脳梗塞症、ラクナ梗塞の3つのタイプがありますが、最初の脳梗塞を発症させたときと同じ原因が残っていることから、一度発症したものと同じタイプの脳梗塞を再発しやすいと考えられています。今までに脳梗塞を発症したことがある人にとって、頭痛は同じタイプの脳梗塞を再発しているシグナルともいえます。
 
脳梗塞は血管の病気であることから、再発防止には血管に関するリスクを極力少なくすることが大切です。原因となる病気には高血圧、脂質異常症、糖尿病、不整脈などがあります。これらを予防するために、食事は野菜中心を心がけ、玄米、豆類、玄麦を多くして、脂質や高カロリーの食事を制限します。そして睡眠を改善し、アルコール、タバコ、ストレスを避けることが大切です。
 
また、2度目、3度目の再発は予後を悪くします。そのため、血液をサラサラにする薬の服用を継続します。車椅子や寝たきり生活は運動不足になりやすく、健康管理が難しくなります。医師とよく相談して、再発を防ぐための自助努力が必要です。
 

二次性頭痛 :いつもの頭痛と油断してはいけない

命に関わるケースはまれながら、多くの人を悩ませているのが「一次性頭痛」(慢性頭痛)です。一次性頭痛には、精神的・身体的ストレスから起きる緊張性頭痛、緊張から解放されてホッとした時に起きやすい偏頭痛、お酒を飲んで脳の血管が拡張した時に生じやすく、20~30代の男性に多い群発頭痛などがあります。このような一次性頭痛はただちに生命の危機があるわけではないため、つい我慢してしまいがちです。しかし重大な疾患が背景に隠れていることもあり、「いつもの頭痛」と油断するのは禁物です。
 

二次性頭痛 の検査

正確に診断するため、問診のほかにMRI検査やCT検査を行い、3次元画像で脳の血管を確認します。そして、痛みを感じる部位、頭痛の持続時間・頻度、痛みの程度や性質、発生する状況や時刻などに規則性はあるかどうかを問診します。頭痛以外の病気がある人はそれも医師に伝えましょう。
 
頭痛は種類がとても多く、原因不明なものも少なくないため、頭痛に関する幅広い見識を持っている医師に診察してもらうのが一番です。そして、生命の危機をともなう 二次性頭痛 を見逃さないことがとくに重要です。頭痛の診断には、MRI検査やCT検査により精度の高い検査ができる環境が望ましいといえます。頭痛で悩んでいる人は、頭痛に特化した頭痛外来を受診してみてはいかがでしょうか。
 
 

頭痛に関連する記事のご紹介

頭痛の対策に関連する記事としては、以下のようなものがありますので、参考にして頂ければ幸いです。
 
生理前に起こる頭痛について説明した「生理前に起こる頭痛 !その原因と対処法について解説!」
 
蓄膿症が原因で起こる頭痛について説明した「蓄膿症で頭痛 が起こる!? 鼻づまりがあって頭も痛い…」
 
「頭が痛い、薬を飲もう」のその前にツボを押してみましょう。頭痛のツボについて説明した 「頭痛のツボ:突然の頭痛にツボ押しでセルフコントロール」
 
頭痛薬を飲んで症状が悪化!?頭痛薬について説明した 「頭痛薬の自己判断はキケン? 薬との上手な付き合い方とは」
 
偏頭痛で悩んでいる人も多いのではないでしょうか。偏頭痛の対処法について説明した 「偏頭痛の対処:偏頭痛には前兆がある!? 治療のカギとは」
 
頭痛の原因は様々です。その様々な原因に応じた適切な頭痛の治し方を選択しないと、悪化したり命に関わる危険が隠れていることも!頭痛の治し方について説明した 「頭痛の治し方:頭痛の種類って? 偏頭痛に必要な配慮とは」
 
頭痛・偏頭痛の治療法は薬物療法だけではないんです!頭痛・偏頭痛の磁気治療について説明した 「磁気治療とは? 頭痛・偏頭痛への最新治療の方法とは?」
 
頭痛、1人で悩まない!頭痛外来について説明した 「頭痛外来:ガマンはもう限界、偏頭痛を根本的に治療する為には?」
 
偏頭痛で仕事や勉強など手につかない。偏頭痛の対策について説明した 「偏頭痛の対策:偏頭痛が起きたときの正しい対処法とは?」
 
偏頭痛の新しい治療法について説明した 「局所麻酔リドカインが決め手、偏頭痛の新しい治療法」
 
偏頭痛治療の新技術について説明した 「偏頭痛治療の新技術がスタート!国内初の治療法とは?」
 
緊張型頭痛や偏頭痛、群発頭痛の対策について説明した 「頭痛対策:偏頭痛なのに入浴やマッサージ…頭痛は改善する?」
 
女性の頭痛対処法について説明した 「女性の頭痛対処法とは?アンケート結果をご紹介!」

※なお記事中の語句に張られたリンクをクリックすると、当該語句について詳しく説明した当サイト内もしくは外部サイトの記事へ移動しますので、ご活用いただければ幸いです。