医師や専門家が深く詳しく解説します
頭痛改善
医師や専門家が深く詳しく解説します
頭痛改善

プチ不調 の改善法とは?女性が訴えるプチ不調をどうする?

公開日
更新日

「なんとなくだるくて、頭痛がする…」など「 プチ不調 」を感じたことはありませんか?
女性に多いといれるプチ不調ですが、その原因は何でしょう。今回は、あるアンケート調査結果をもとに、いったいどのくらいの女性たちがプチ不調に悩まされているのか、どのような原因が考えられるのか、などを見ていきたいと思います。
 
 

プチ不調と朝食との関係

 
健康情報のサイト「ルナルナ」を運営している株式会社エムティーアイは、「朝」という大切な時間に着目し、朝のすごし方とプチ不調の関係についてアンケートを行いました。
 
まずは、「朝食をきちんととっているか」という質問に対し、66.8%が「食べる」と答え、「ときどき食べる」が17.7%となりました。多くの人が朝食を食べる習慣があることがわかりました。しかし、「ほとんど食べない」「食べない」という回答も約15%ありました。
 
では、プチ不調と朝食の有無は関係があるのでしょうか?
朝食についての回答ごとに、慢性的な「プチ不調」を抱えているかどうかを調べたところ、プチ不調を抱えている人の割合は、「時々朝食を食べる」と答えた人に最も多く(71.4%)、「ほとんど食べない」が66.1%、「食べる」が57.7%という結果になりました。
 
この結果を見ると、朝食を「ほとんど食べない」という人よりも「食べる」人の方が「プチ不調」は起きにくいようです。さらに注目したいのは、「ときどき食べる」と答えた人が最も「プチ不調」を抱えていることです。「食べたり、食べなかったり」という不規則な生活習慣が自律神経の乱れを招いているのかもしれません。
 
 

プチ不調と自律神経の乱れ

 
では、どうして自律神経が乱れると「プチ不調」が起きるのでしょう。自律神経とは、身体を正常な状態で維持するために自分の意思とは関係なく働く神経システムのことで、覚醒や興奮をつかさどる「交感神経」と休息や睡眠をつかさどる「副交感神経」があります。このふたつがバランスよく働くことで、人間の身体は成り立っています。睡眠不足や不規則な生活でこのバランスが悪くなると、身体に備わったメンテナンス機能がうまく働かず、大きな理由はなくても慢性的な頭痛や疲労感など体調不良、つまり「プチ不調」を引き起こしやすくなります。
 
 

8割近くの人が「疲れやすい」と回答、 プチ不調 の原因

 
アンケートでは、プチ不調の具体的な症状についても尋ねています(複数回答)。結果は次のようになりました。
 
1位 疲れやすい…78.7%
2位 朝が苦手…55.7%
3位 睡眠に不満を感じている…55.3%
 
睡眠に関わる回答が上位を占めていることから、睡眠と自律神経に深いかかわりがあるといえそうです。
運動不足や夜更かし、偏った食生活やストレスで生活習慣が乱れると、交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいかず、自律神経のバランスがくずれます。その結果、眠れない、疲れやすい、朝起きられない、などの症状が起こるのです。
 
睡眠時は副交感神経が優位に働いて身体はリラックスしていますが、消化器官は活発に動き、消化吸収を行って身体を修復しています。「おなかの調子が悪い(29.9%)」や「つねに胃が痛い(11.0%)」という症状も自律神経の乱れによる「プチ不調」といえそうです。
 
 

プチ不調の原因がわかったら、早寝早起きで改善

 
アンケートでは、最後に「朝を気持ちよくすごすために工夫していること」を質問しています。その結果は次のようになりました。
 
1位 早めの就寝…50.4%
2位 余裕を持った起床…43.3%
3位 太陽の光を浴びる…35.2%
 
「余裕を持った起床(2位)」のためには、「早めの就寝(1位)」をして、睡眠時間を確保することが大切です。朝、余裕を持って起床できれば、朝食をとり快適な1日がスタートできます。床につく時間がいつもより少し遅くなったとしても、起きる時間を一定にしておくと睡眠リズムが整いやすくなります。
 
そして、朝に日光を浴びると、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌が抑制され、身体を覚醒させるセロトニンが分泌されて、身体が休息モードから活動モードへと切り替えられます。そして、朝の光を浴びて抑制されたメラトニンは、およそ14~16時間後に分泌が始まります。そのため、ちょうど就寝する時間に身体は休息モードに切り替わり、自然によい睡眠へと導かれるのです。
 
「朝の散歩」や「朝の運動」は、朝の太陽を浴びる方法のひとつですが、その時間がとれないときは、窓際で日光を浴びるだけでも効果があります。朝起きたらまずカーテンを開け、部屋いっぱいに太陽光をとりこみ、伸びをするなどの軽いストレッチをしてみましょう。
 
 

頭痛に関連する記事のご紹介

頭痛の症状に関連する記事としては、以下のようなものがありますので、参考にして頂ければ幸いです。
 
生理前に起こる頭痛について説明した「生理前に起こる頭痛 !その原因と対処法について解説!」
 
蓄膿症が原因で起こる頭痛について説明した「蓄膿症で頭痛 が起こる!? 鼻づまりがあって頭も痛い…」
 
緊張型頭痛について説明した 「締め付けられるような痛みを感じる緊張型頭痛とは」
 
後頭部の頭痛について説明した 「後頭部の頭痛:ズキズキ痛む頭痛の原因と対策法とは?」
 
頭痛による吐き気について説明した 「頭痛による吐き気…症状別に考えられる原因と対策法とは」
 
目の奥が痛い頭痛について説明した 「目の奥が痛い頭痛はアルコールや煙草が原因?群発頭痛とは?」
 
こめかみからくる頭痛について説明した 「右と左で原因が違う…こめかみからくる頭痛の予防法」
 
肩こりからくる頭痛について説明した 「肩こりからくる頭痛はカラダからのSOS!?肩こりと頭痛の関係は?」
 
偏頭痛の症状について説明した 「偏頭痛の症状と似ている病気とは?どんな事に注意すればいい?」
 
頭痛をともなう病気について説明した 「頭痛をともなう病気とは?突如襲いかかる様々な疾患について解説」
 
頭痛の種類について説明した 「頭痛の種類についてご存知ですか? 重大な疾患が隠れていたら大変!」
 
頭痛のタイプについて説明した 「頭痛のタイプとは?アナタの頭痛は、どのタイプか確認して適切な対応を!」

※なお記事中の語句に張られたリンクをクリックすると、当該語句について詳しく説明した当サイト内もしくは外部サイトの記事へ移動しますので、ご活用いただければ幸いです。