医師や専門家が深く詳しく解説します
頭痛改善
医師や専門家が深く詳しく解説します
頭痛改善

アイスクリーム頭痛 の原因 とは? 食べ方で予防できるの?

公開日
更新日

冷たいものを食べたら、こめかみのあたりがキーン……。この痛みのことを「 アイスクリーム頭痛 」と言います。カジュアルな呼び名のようですが、実はれっきとした医学用語なんです。ここでは、この アイスクリーム頭痛 の原因 や、 アイスクリーム頭痛 を起こさずに冷たいものを食べる方法について見てみましょう。
 
 

アイスクリーム頭痛 の原因とは

 
その名称通り、アイスクリーム頭痛は、冷たいものを食べたときに起こる頭痛をいいます。後頭部やこめかみに起こることが多く、脳が凍りついたかのようにキーンと痛みます。アイスクリーム頭痛には、ふたつの原因が考えられます。
 

脳の神経が錯覚を起こすから

のどの三叉神経が冷たいものを食べることにより刺激されます。刺激を中継する三叉神経は口の中が急激に冷えたことで、うまく脳神経へ情報伝達ができず、同時に「冷たさ」と「痛み」のふたつの感覚が生じてしまうようです。
 

頭部の血管に炎症が起きるから

冷たいものを一気に頬張ると口の中が急激に冷えます。そのため、口の中を温めようとする作用が働いて、血流を増やし血管が膨張します。このことで頭の血管に炎症が起き、頭痛を引き起こす原因になると考えられています。
 
特に偏頭痛持ちの人は、アイスクリーム頭痛が起こりやすいといわれています。
 
 

食べ方で予防する アイスクリーム頭痛

 
アイスクリーム頭痛は10~20秒でおさまり、診療や診察の必要はないといわれます。ですが、せっかく美味しい氷菓子を食べるときにアイスクリーム頭痛が起きてしまったら、気持ちもゲンナリしてしまいますよね。アイスクリーム頭痛が起きないように冷たいものを食べるには、どうしたらいいのでしょう?
 

口腔内を舌で温める

急激に口の中を冷やさないようにする必要があります。冷たいものを食べるときは口のなか全体を舌で温めるようにします。歯の裏に舌をあてると効率的に口のなかが温まります。
 

顔に冷たいものを当てる

口腔内を急激に冷やさないことと合わせて、額に冷たいものをあてて冷やすと頭痛をおさめることができます。食べているアイスの器や冷たいペットボトルなどを顔にあて、痛みを鎮静化させます。
 

ゆっくりと味わう

アイスクリーム頭痛対策の一番の方法は、ゆっくりと味わって食べることです。一気に冷たいものを口に詰め込まず、口の中で少しずつ、ゆっくりと溶かしながら食べると頭痛を防ぐことができます。
美味しくアイスクリームを楽しむためにも、あわてずに一口ずつ食べることを心がけましょう。
 
 

頭痛に関連する記事のご紹介

頭痛の原因に関連する記事としては、以下のようなものがありますので、参考にして頂ければ幸いです。
 
実は頭痛薬の飲み過ぎが、かえって頭痛の原因になることも!?薬物乱用頭痛について説明した 「薬物乱用頭痛:頭痛の原因が「頭痛薬」って、どういうこと?」
 
よく寝たはずなのに、頭が痛い。寝過ぎと頭痛について説明した 「寝過ぎと頭痛:寝過ぎは二重の頭痛を引き起こすって本当!?」
 
わかっちゃいるけど、飲み過ぎて、二日酔い。二日酔いと頭痛について説明した 「二日酔いと頭痛:飲み過ぎた朝の強烈な頭痛はなぜ起こる?」
 
生理でお腹が痛いのに、更に頭痛なんて!生理と頭痛について説明した「生理と頭痛:お腹が痛むのはともかく、なぜ頭痛も起こる?」
 
目の奥がめっちゃ痛い!群発頭痛かも。群発頭痛について説明した「群発頭痛:目の奥をえぐられるような激痛!群発頭痛の原因と対策は?」
 
倦怠感や頭痛、実は風邪じゃなくて花粉症かも!?花粉症と頭痛について説明した「花粉症と頭痛:花粉症で頭痛も起こるって本当?どう対処すればいい?」
 
男性より女性に多い偏頭痛。偏頭痛の原因について説明した 「偏頭痛の原因:頭が脈打つようなあの痛みは何が原因?」
 
生理周期による頭痛について説明した 「生理周期による頭痛についてどう対処すればいいの?」
 
梅雨の時期に偏頭痛が起きやすい。それって気圧のせい!?低気圧と偏頭痛について説明した 「低気圧と偏頭痛のメカニズムとは?台風で偏頭痛が起こるのは何故?」
 
くも膜下出血の初期症状には、形容しがたい強い頭痛があると言われています。くも膜下出血の症状や治療法について説明した 「大人女子は注意したい!くも膜下出血の症状や治療法」
 
痛み止めの薬が効かない!?第三の頭痛の大後頭神経痛かも。第三の頭痛について説明した「第三の頭痛とは?痛み止めが効かない大後頭神経痛とは」
 
頭痛がする。長時間のスマホやパソコンで目が疲れていませんか?眼精疲労と頭痛について説明した「眼精疲労と頭痛:目の疲れからくる頭痛、対処法は?」
 
 

関連している記事のご紹介

 
頭痛に関する記事として以下のようなものがありますので、ご参考にしてください。
 
蓄膿症が原因で生じる頭痛について説明した 蓄膿症で頭痛 が起こる!? 鼻づまりがあって頭も痛い
 
副鼻腔炎が原因で生じる頭痛について説明した 副鼻腔炎の頭痛 : 副鼻腔炎による頭痛の原因、症状、対策を解説
 
 
監修:三原武彦医師(小児科医、三原クリニック理事長、みはら子育て支援センター長)

※なお記事中の語句に張られたリンクをクリックすると、当該語句について詳しく説明した当サイト内もしくは外部サイトの記事へ移動しますので、ご活用いただければ幸いです。